世の中には二種類の人間がいる。それはキャバクラを楽しめる人間とキャバクラを楽しめない人間とだ。

お疲れ様です、さぬきです。

僕はキャバクラの空気が苦手です。

どうしてもあの空気を楽しむことができない。

好きな人には楽しくて楽しくて仕方がないんでしょうけど、僕みたいなもんはあの見栄と欺瞞に満ちた熾烈極まる性欲のバトルフィールドに足を踏み入れたが最後、人生を無事にクリアできる気がしません。

 

なんせタクティクスに次ぐタクティクスですから。

 

 

性欲と金欲がうずまく世界ですから。

僕が生きてる世界でうずまくって言ったら蚊取り線香くらいのもんですよ。

それがもう性欲と金欲が今まで見たこともないくらいのうずまき具合でうずまいてますからね。

そりゃタクティクスに次ぐタクティクスですよ。

そりゃそうなるわなって思いますよ。

 

毎夜繰り広げられるタクティクス。

 

タクティクスをすり抜けたと思ったら、その先にまたタクティクス。

 

息つぐ暇もなくタクティクス。

 

さばいてもさばいても迫り来るタクティクス。

 

終わりなきタクティクス。

 

月月火水木タクティクス。

 

 

もうね、

 

 

 

 

 

 

 

すんごいタクティクス。

 

 

 

 

 

 

生まれて初めてキャバクラに行ったときに僕は確信しました。

ここは僕の居ていい世界じゃないなって。

それは25歳のときでした。

地元の先輩に連れられて何もよくわからないままキャバクラに遊びに行ったんです。

どうも先輩はその店にお目当ての嬢がいるらしく、すでに相当飲んでることもあってノリノリでした。

慣れない僕はきょどりながら店内に入り、案内されるがままにボックス席へと座ったんです。

僕は完全に浮いてました。

賑やかな照明とBGMが充満しているギラギラとした店内。

僕はといえば、首元が若干伸びた無地の白Tシャツに膝の破れたジーンズとくたびれたスニーカーをはいて視力0.05なのに裸眼でしたから、その界隈の方々から見ればかなり奇怪な生き物に写っていたと思います。

店内の様子をうかがっているとすぐに若い嬢が2人と、責任者っぽい少し年上の女性(ママさんって言うんでしょうか?)が同じ席に座りました。

会話を聞いていると先輩は常連のようで、何も言わないうちにキープしていた焼酎のボトルが出てきて僕もそれをチビチビといただくことにしました。

 

席はこんな感じで座っていました。

僕は初めての場の空気に緊張してしまって全然酔えませんでした。

嬢の接客にも慣れず、どうしていいかわからない感丸出しだったと思います。

タバコを吸おうとするとすかさず火をつけにくるし、トイレに行って出てくるとドアの前でおしぼりを持って待ってるし、

それが仕事とはわかっていても、なんか過剰に気をつかわれてる気がするような気がして気が気じゃなかったです。

特にトイレ後のおしぼり待機が僕の中でどうしても受け入れられなくて、かなりオシッコ我慢したりしました。

嬢たちには「あ、こいつ、こういう店慣れてないな」っていうのがこれでもかというくらい伝わってたと思います。

もう早く帰りたいなぁとか思いながらひたすらタバコをふかしていたんですが、

 

 

僕はふと、ある異変に気がつきました。

 

 

対面に座っている女の子がめちゃくちゃタイトなミニスカートをはいていたんですが、なぜか頻繁に足を組みかえるんですよ。

明らかに不自然なほど頻繁に、です。

その嬢がそうやって足を組みかえながら、完全に僕の視線をうかがってるのがわかるんですよ。

 

 

 

もうね、

 

 

 

 

 

僕は思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

めちゃくちゃタクティクスやなって。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

めちゃくちゃっていうか、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すんごいストレートなタクティクスやなって。

 

 

 

そうすることで、もしかしたら僕をこの界隈に引き込んでカモろうとしてたのかもしれません。

でも僕は股間じゃなくて、ちゃんと頭で物事を考えられる人間です。

バカにするなと思いましたよね。

バカにするなと思いながら、あえてガン見してやりましたよね。

逆にちょっと引くくらいにガン見してやりましたよね。

僕はどちらかといえば、キャバクラに行くくらいならピンサロに行ったほうが話が早いやんって考えるタイプなので、それ以来キャバクラには行ってません。

 

 

 

僕にはちょっとキャバクラはタクティクスすぎる。

 

 

 

そんな感じです。おしまい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

HN:さぬき うどん県在住。11月6日生まれ。AB型。さそり座。辛党のビール派。三十路のおっさんです。 約4年前から「さぬきうどん」「さぬきのぴっぴ」のハンドルネームで活動してきました。 趣味は音楽、将棋、オカルト、お笑い、2ちゃんねる。 1人でいる時間が好きです。1人でいる時間が好きな人も好きです。1人でいる時間が好きな人が好きな人も好きです。→詳細はこちら