朝起きられない人必見!これで絶対起きられる!驚きの大音量目覚まし時計!

「毎日残業続きで、睡眠不足。それなのに明日は早朝出勤」
「ついついこんな時間まで飲んじゃった、明日も予定あるのに・・・」

そんな経験ありませんか?
そんで心配になるんですよね。

「朝起きられるかな…」

大丈夫ですよ!
あなたの心配も眠気ごと完全に吹き飛ばす、そんな目覚まし時計を紹介します!

絶対起きられる!これが最強の目覚まし時計だ!

写真

セイコークロック ”PYXIS(ピクシス)スーパーライデン NR523”

  • 大音量ベル音アラーム、音量3段階切り替えスイッチ付き
  • アラームを一度止めても5分後に再び鳴り出すスヌーズ機能付き
  • 標準電波を受信して時刻、日付を自動修正する電波修正機能付き

僕はもともと朝まったく起きられず、仕事でもプライベートでも遅刻常習犯でした。
仕事と趣味に明け暮れる不規則な生活スタイル、短い睡眠時間、今思うと、そりゃ起きられないのは当たり前やろってレベルの生活を続けていました。

「ピピッピピッ」と鳴る電子音の目覚まし時計とスマホのアラームを使って起きていたんですが、その音にまったく気付かないときもしばしば・・・。
ひどいときは、自分でも知らない間にアラームを止めて寝てたなんてこともありました。

さすがにこれではまずいと思いながらも生活スタイルを見直すことは一切せず、どんなときであろうと絶対に起きられる強烈な目覚まし時計はないかと探していたときに見つけたのが、このスーパーライデンです。

ベルの最大音量は驚きの110デシベル

新しい目覚まし時計を選ぶうえで、僕が一番外せないと思っていたポイントは「アラームが生のベル音であること」でした。
今まで使っていた目覚ましはすべてアラームが電子音でした。
電子音ってどんなに音量を上げてもなんとなく頼りなく聞こえませんか?実際に僕自身、たまに気付かないこともあったので、次に買う目覚ましは絶対にベル音のものにしようと決めていました。

ベル音の目覚まし時計と言ってもいろいろあります。
僕はとにかく「絶対に目が覚めるような強烈なヤツ」が欲しかったので、いろんなサイトの商品レビューを読み漁り、僕の目を完全に覚ましてくれそうなものだけを厳選していきました。
その厳選したもののなかでも特に「キングオブ強烈」だったのが、このスーパーライデンです。
僕はスーパーライデンを5年ほど使っていますが、この時計のベル音で目が覚めなかったことはただの一度もありません。
いやね、すごいんですよ。
ベルの音量がハンパないんです。

写真

一応、音量は3段階に切り替えられるようになっていて、音が大きい順に、SUPER→MID→MINとなっています。
それぞれの音量を数値で表すと次のようになります。( )内はその数値が具体的にどれくらいの音量なのかを示した例です。※日本騒音調査 ソーチョー参照

  • SUPER=110デシベル(自動車のクラクション)
  • MID=100デシベル(電車が通るときのガード下)
  • MIN=88デシベル(カラオケ音)

( )内の具体例はあくまで目安ですが、びっくりですよね?自動車のクラクションと同じレベルって・・・。
ベル音は本当に驚くほど大きいですが、使ってみた感じでは正直クラクションは言いすぎかなと思います。まぁ、あくまで目安ですね。

ちなみに僕はいつもMIDにして使っています。
それでも「ガード下」(笑)

でも、そんなに大音量で近所とか大丈夫?

ここまで読むと、そんなに大音量ならもしかして周りに迷惑をかけてしまうんじゃない?その辺大丈夫なの?と心配に思う人もいるかもしれません。

はっきり言っておきます。

大丈夫じゃありません。

マジでめちゃくちゃうるさいので、アパートで使ったりしたら隣の人にガチで迷惑がかかるおそれがあります。

僕が思うに、スーパーライデンは「使用者を起こす」ことこそがすべての「目覚まし至上主義」です。
使用者が目を覚まさなければ、存在意義は断じてないといわんばかりの気合いの入った代物です。

でもまぁ使い方次第ですね、これは。
音量をMINにして使えば、他の目覚ましベルより少し大きいかな?くらいなので、普段はMIN、明日は死んでも寝坊できないってときだけSUPERやMIDにすればいいと思います。

それと一番おすすめなのは他の目覚まし時計との併用です。
例えば、他の目覚まし時計をスーパーライデンより5分早くセットしておけば、スーパーライデンが鳴る前に起きられるかもしれません。
他の目覚ましで万が一起きられなかった場合のみ、最後の砦として使うわけです。

最後に僕からのお願いです。

今回は最強の目覚まし時計「スーパーライデン」を紹介してみましたが、いかがでしたか?

もし、スーパーライデンのベル音にも気づかずに寝過ごしてしまったという人がいたら、ひとつだけどうしても伝えておきたいことがあります。

きっとあなたの疲れは限界をとっくに越えています。

どうか今はすべてを忘れてそのまま寝てください。

起きることよりも睡眠をとることのほうが大事なときだってあることをけっして忘れないでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

HN:さぬき うどん県在住。11月6日生まれ。AB型。さそり座。辛党のビール派。三十路のおっさんです。 約4年前から「さぬきうどん」「さぬきのぴっぴ」のハンドルネームで活動してきました。 趣味は音楽、将棋、オカルト、お笑い、2ちゃんねる。 1人でいる時間が好きです。1人でいる時間が好きな人も好きです。1人でいる時間が好きな人が好きな人も好きです。→詳細はこちら