おすすめめん「ペヤングやきそば ペペロンチーノ風」

「俺は絶対につっこまないぞ」

コンビニの即席麺売り場で「それ」を見つけたときに僕は心のなかでそう固く誓いました。
狙いすぎてスベってる感すら漂っています。

「いやいや、ツッコミ待ちなんでしょ?わかってる」

これ以上ないくらいの上から目線と高圧的な態度を保つことで、できるだけ平静を装いながら、僕は「それ」を手に取りました。
しかしマルカ食品め、またやりやがったな。くやしいけど、うまそうやん…。

というわけで、さっそく買ってきました。
「ペヤングやきそば ペペロンチーノ風

image

実はペペロンチーノがめちゃくちゃ好きなんです。
僕にとって、パスタといえばぺペロンチーノなんです。
ニンニクと唐辛子の荒くれコンビをそっと包み込んでしまうレベルのオリーブ淑女に、舌の上で優雅に “Shall we dance?” と誘われた日には、芯に一本筋の通ったアルデンテ紳士の気持ちを代弁して、なんの躊躇もなく即答で ”I’d love to.” ですよ、そんなもん。

でも、これはやきそ…いや待て。
僕はそこには突っ込まないと決めたんです。
そんなマルカ食品の見え透いた手に乗ってなるものか、今日は食べ終わるまで絶対にスルーしてやると決めたんです。
今回は僕にとって、「【閲覧注意】これが本当のわかめMAXだ!」以来、2回目の対マルカ食品戦です。
どうしたって負けるわけにはいきません。

image

開封してソースとかやくの小袋を取り出します。
麺はいたって普通のペヤングやきそば。
他のペヤングシリーズと同じフライ麺を使用しています。

image

「『やきそばソース』・・・か」
シュールというか、違和感を覚えます。
ペペロンチーノのソースの小袋に「やきそばソース」と書かれているんです。
しかし、さすがはマルカ食品といったところでしょうか。
日清UFOと、カップやきそば全国シェアのトップ争いを繰り広げてきたのは伊達じゃありません。
こういうところにペヤングやきそば製造メーカーとしての空に届きそうなほど高いプライドと、はがねのこだわりを感じます。

image

そんな余計なことばかり考えていたらかやくを入れずにお湯を注いでしまいました。
慌ててかやくを後入れしてから写真を1枚。
危ないところでした。

image

さて、3分待ちます。
何もせずに待つのも退屈なので待っているあいだに絵を描いてみました。

image

「ぺペロンチーノと名づけられたやきそば」から、「『犬だワン』と名乗るド〇えもん」を連想しました。
我ながら貧しすぎる発想力に情けなくなります。
この絵はだいたい30秒くらいで描いたので暇つぶしにもなりませんでしたが、残りの時間で、この絵を眺めながら、自分自身を深く見つめ直すことができました。

そして3分ジャスト。
蝶のように舞い(お湯を切り)、蜂のように刺す(ソースをかける)。

20170224_010304

 

image

即席カップ麺を食べるうえでとても重要なことがひとつあります。それは小袋のソースなりスープを入れて箸でかきまぜた瞬間に、ふっとたちのぼる香りです。これがカップ麺の全てと言ってもいいでしょう。
このときの香りでそのカップ麺がうまいかどうかだいたいわかります。

ペヤングやきそばペペロンチーノ風はどうだったかというと…

「いいねぇ…」

合格です。
上から目線で言わせてもらいます。
マルカ食品さん、合格です。
誰もが思い浮かべるであろうあのペペロンチーノのニンニク主体のパンチある香りが、鼻腔のずっと奥のほうの繊細な部分を刺激してきます。

それでは、いただきます。

20170224_010530

こ、これは…。
味は確かにペペロンチーノです。でも、麺が変わるとまったく別の食べ物になります。
味はまったく違いますが、「ぶぶか」の油そばとか、まぜそばのようなイメージです。
これは新しい発見でした。パスタとはまた違う新しいペペロンチーノ。
少しちぢれた麺の食感とソースの絡み具合が非常にグーです。
ただ、いくらうまいといっても、お湯で戻したフライ麺には限界があります。
もしかしたら、もうどこかにあるかもしれませんが、本職のラーメン屋さんにちぢれ麺で本気のペペロンチーノをぜひ作ってみてもらいたいですね。

image

「ペヤングやきそば ペペロンチーノ風」確かにおすすめできます。

でも最後に言わせてください。

マルカ食品さん、これはもうやきそばちゃうやろ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

HN:さぬき うどん県在住。11月6日生まれ。AB型。さそり座。辛党のビール派。三十路のおっさんです。 約4年前から「さぬきうどん」「さぬきのぴっぴ」のハンドルネームで活動してきました。 趣味は音楽、将棋、オカルト、お笑い、2ちゃんねる。 1人でいる時間が好きです。1人でいる時間が好きな人も好きです。1人でいる時間が好きな人が好きな人も好きです。→詳細はこちら