親友のY君が最近、Facebookで「いいね!」してくれないのはなぜか?そのすべてを理解したとき僕は涙を禁じ得ませんでした。

こんにちは、SANUKICHIです。

実はですね、ずいぶん前からなんですけども、僕にはどうしても気になっている問題がひとつありまして、

まあ大した問題じゃないっちゃないんですけど。

この問題というのがですね、最近になって僕の中で少しずつ大きくなってきたといいますか、落ち着いてちんちんをさわさわすることもできないくらい深刻な状態になってきたんですね。

なので、こういう場で言うのもどうかなと思ったんですが、今回思い切ってですね、メスに入れたいと思って

 

じゃなくてですね、

 

この問題にメスを入れたいと思って今この記事を書いているわけです。

 

突然なんですけど、みなさんは、Facebookってやってますか?

僕も数年前からやってまして、このブログの記事を書いたときなんかは必ず更新情報をFacebookに投稿してるんですよ。

もちろん更新情報だけじゃありません。

頻繁にというわけではないんですが、日常生活で気になったことや面白いと思ったこともいろいろ投稿してきたんですよ。

そのなかでですね、ずっと言おうか言うまいか悩んでたんですけど……

いや、ほんと大したことじゃないんで申し訳ないんですけど……

 

 

親友のY君がですね、なぜか「いいね!」してくれないんですよ。

 

親友のY君

僕とY君がどれくらいのレベルで親友かといいますと、そりゃもうそこそこガチで一生の付き合いになるレベルの親友ですよ。

僕らは幼稚園から高校までずっと一緒で14年間、同じ通学路を通い、同じ学び舎で勉強をして、青春をガッツリ共有してきたわけですよ。

そんで高校卒業してからもわりと濃いめの付き合いを続けてるんですね。

もうかれこれ30年以上の付き合いですよ。

そんなわけで僕らお互いの良いところも悪いところも見て聞いて知り尽くしてるわけです。

 

僕は彼が高校の演劇部の部室で、ドアも窓も全開にして、部室の前をかわいい女の子が通りかかる度に、急いで足を組んで覚えたてのハーモニカをドヤ顔で吹くという謎のアピールをしてたことも知ってますよ。

 

逆に僕が初体験のときに勃たなかったことや、ブラジャーを脱がそうとしてホックがどこにあるかわからず、カップ部分の間に付いてた飾りのリボンをほどこうとしたら「そこちゃうで」と言われたこともY君は知ってるわけですよ。

 

そういうところも含めてお互いに理解して認めあったうえで付き合ってるレベルの、そりゃもうかなりの親友なんですよ。

その親友のY君がですね、親友である僕のFacebookへの投稿に最近、「いいね!」をしてくれないんですよ。

 

なんでかなぁ、ほんと。

 

いやぁ、久しく見てないですね。

 

僕の投稿欄の「いいね!」をした人のリストにY君の名前を久しく見てないです。

 

人間っていうのは、主観で物事を大げさに言ったりするじゃないですか?

「嫁さんが全然おこづかいくれなくてねぇ」って言ってる人とか、

いやいや全然ってことはないでしょ、と。

月5万ももらってたら、独身の僕から見てももはやそれはブルジョワジーですよ、と。

なるわけですよ。

だからちゃんと客観的に見ても僕の主観が間違っていないことを証明するために、

 

数えましたよ。今年(2017年)に入ってからの僕とY君のそれぞれの投稿数とお互いにつけた「いいね!」の数を数えてみましたよ。

 

僕の投稿数47件、Y君からの「いいね!」3回。

Y君の投稿数49件、僕からの「いいね!」36回。

 

どうですか、これ?

しかも最後にY君が「いいね!」してくれたのは5月28日ですよ。(現在、9月14日です)

もう3ヵ月以上「いいね!」してくれてないんですよ。

 

これ、どう思います?

ちょっとおかしくないですか?

 

僕はY君の投稿にはかなりの頻度で「いいね!」してるわけですよ。

これはいい投稿だなと思ったらちゃんとコメントも送ってるんですね。

こないだもね、Y君が「引っ越しました」って言って自作のインテリア家具的なものを置いた部屋の写真を投稿してたんです。

僕はそれを見て「これはいいなー」と思ったから「シャレオツやね!」ってちゃんとコメントもしたんですよ。

そのコメントには返事をくれましたよ、確かに。まぁ自分の投稿に対してのコメントですからね。

もし、このコメントにすら返信が来なかったら、僕もさすがにちょっと考えましたよね。

Y君に何か悪いことしたかな?って。

高3のときに借りた無修正ビデオそろそろ返さないといけないのかな、とかいろいろ考えましたよね、そこは。

 

まぁ返信があったからいいですよ、それは。

でもですね、

その3日後の「ブログ更新しました」っていう僕の投稿にY君は、コメントどころか「いいね!」もしてくれてないんですよ。

「あれ?」ってなりますよね?

3日前に僕から「いいね!」もした。コメントも書いた。

今度は明らかにY君が返してくるターンじゃないですか。

 

今もFacebook確認してみましたよ。

いやぁ、ないですね!Y君からの「いいね!」はついてないです!

 

 

ここまできてね、僕もやっと「なんでやろう?」とじっくり時間をかけて真面目に考えました。

Y君がなんで「いいね!」してくれなくなったのか、その答えを探すためにスケジュールを半日空けて考えました。

そして気づきました。

やっぱり相手の立場に立って考えるっていうのは大事ですね。

Y君の立場に立って物事を見た瞬間、すべてが理解できました。

 

最初は僕のブログ記事や投稿が「いいね!」に値しないからか?とも考えました。

それなら僕はもう自分の力不足を認めるしかありません。素直に謝ります。

でも、自分で言うのもなんですが、

そこまで面白くないこともないんちゃうかなぁ、と。

仮に面白くないにしても、

そこはほら、俺ら親友じゃん?と。

 

思ってしまうわけですよ、やっぱり。

でもこれは僕の主観であって、自分の立場でしか考えていなかったんですね。

Y君の立場に立って考えてみたとき、目に写るもの全てが劇的に変わりました。

 

Facebookって実名登録制じゃないですか。

 

数あるSNSのなかでも、もっとも実生活に直結していて、その影響も大きいじゃないですか。

Y君には家庭があり、守らなければならない家族がいる。

職場では「店長代理」という責任ある立場にいて、引っ張っていかなければならない従業員もたくさんいる。上司の目だってある。

そんなY君が、どう考えたって僕みたいな人間の投稿に「いいね!」するわけにはいかないじゃないですか。

 

こんな心霊スポットに行って下ネタまじりで青春を語ってるようなオッサンのブログ投稿に「いいね!」するわけにはいかないじゃないですか。

 

完全に理解できましたよね。

僕はY君の心情を、完全に理解し切りましたよね。

 

こんな心霊スポットに行って下ネタまじりで青春語ってるようなオッサンのブログ投稿に「いいね!」なんてしてるのを職場の人たちや知人に見られた日には、その人たちからの信頼は完全に損ないますよね。

 

「こないだFacebook見たんだけど、Yさんがなんかワケのわからないクサそうなオッサンのブログに『いいね!』してたよ!」

 

「Y君ちょっといいかね。この前Facebook見たんだけど、君はあんな下劣なブログをいつも見てるのかね?君には正直失望したよ」

 

全ての信頼を失ってしまったY君はやがて職を失い、路頭に迷ってしまうかもしれない……。

もしY君が、心霊スポットに行って下ネタまじりで青春を語ってるような下劣でクサそうな僕の投稿に「いいね!」なんてしてしまうと、そんな状況に陥ってしまうことは火を見るより明らかです。

それはけっして僕が望んでいるものではありません。

Y君にも相当な葛藤があっただろうと思います。

生涯の親友である僕の投稿に「いいね!」をするべきかどうか。

それはそれは、ろくろく夜も眠れないほど悩みに悩み抜いたんじゃないかということは想像に難くありません。

 

Y君、もう大丈夫やからね。

Y君が俺のために悩んでくれたその気持ちだけで俺はこれからも頑張っていけるよ。

「いいね!」がないこと。俺はそんなこと別に気にしないし、そんなことで俺たちの友情が壊れるなんてあり得ないからね。

だからY君、

まさかとは思うけど、

 

「ブログ最近読んでなかっただけやわ。忘れとった、ごめんごめん(笑)」っていうんだけは言わんといてね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です