これ考えた人、天才やろ・・・意味不明すぎるスマホゲームアプリ「大根にしがみつく女子高生」が衝撃的すぎる!

スポンサーリンク

こんにちは、いつも一味唐辛子の小瓶を携帯しているほど辛いものが好きなさぬきです。

さて、今回はとても衝撃的なスマホゲームアプリを見つけたので、もうご存知の方も多いとは思いますがここで紹介させてもらいたいと思います。

意味不明すぎるスマホゲームアプリ「大根にしがみつく女子高生」

先日、Google PlayでFX関係のアプリを探しているときにふと「最近はどんなゲームが流行ってるんやろう?」と思い、ランキングや注目アプリを眺めていました。

僕は普段ゲームをまったくしないんですが、面白そうなものがあれば少しやってみるかくらいのテンションでチェックしてたんです。

すると、わけのわからんゲームがあるじゃないですか(笑)

タイトルからして異彩を放ちまくってる「大根にしがみつく女子高生」というゲームを見つけたので試しにインストールしてみました。

どうですか?これ、シュールすぎませんか?(笑)

説明書きに「女子高生が大根を健気に登るアクションゲーム」とあります。なんとすでに10万回以上ダウンロードされている人気アプリなんですね!

僕はこういうノリ大好きです。

操作方法はいたってシンプル。何度でもリトライ可能。

遊び方や操作方法の説明を読むのもそこそこに早速ゲームスタートしてみました。

すげぇ…これから何が起きるのかワクワクが止まりません。

操作方法はめちゃくちゃ簡単です。

画面をタップすると女子高生が大根を登っていきます。

 

とにかく画面を連打してみます。

女子高生がせっせと巨大な大根を登っています。

画面左上にタイムとスタートからゴールまでの距離、現在地が表示されています。

どうも大根を登りきるタイムを競うゲームのようです。

やってみてわかりましたが、ただ登るだけではなくていろいろな障害があるようです。

大根の穴からヒゲが飛び出してきました!

これに当たるとものすごい勢いで女子高生が吹き飛ばされてしまい1発でゲームオーバーです。

ただ、ライフ数的なものはありませんので何回でもリトライできます。

大根は全部で100本あって徐々に難易度があがっていきます。

難易度がどんな風に上がるのかと言いますと、ヒゲの数が増えたり飛び出してくるタイミングが早くなったりするのもあるんですが、それだけじゃなく新たな障害が増えてくるんです。

発想が無駄に天才的すぎる!

 

スズメか何か知りませんが…

 

 

 

 

目の前を遮るようにゆっくりと通りすぎていきます!

これがけっこうウザい(笑)

ヒゲが近くにあると視界を遮られてる間にぶつかってしまい吹き飛ばされてしまいます。

それともうひとつ衝撃的だったのがこれです。

なぜかゴリラに追いかけられます。

もちろんゴリラに追い付かれると、ものすごい勢いで吹き飛ばされてゲームオーバーなのは言うまでもありません。

いやー、これは面白いです。ゲーム内容はありきたりなアクションかも知れませんが、ゲームオーバーになっても何度でもサクサクとリトライできますし、すごくテンポのいいゲームでハマってしまいそうになります。

それに何より「女子高生に大根を登らせる」っていう発想が無駄に天才的やと思います。ちょっとなかなか真似できない。

画面をタップしている最中にも涌き起こってくるこの「俺(この娘)は何をやっているんだ?」感。

おそらくこのゲームに意味なんてないんでしょう。というか、意味なんてないほうがきっと面白いんでしょう。

この世界観、あなたも堪能してみませんか?

アプリダウンロード(無料)はこちら↓

iPhoneの方https://itunes.apple.com/jp/app/%E5%A4%A7%E6%A0%B9%E3%81%AB%E3%81%97%E3%81%8C%E3%81%BF%E3%81%A4%E3%81%8F%E5%A5%B3%E5%AD%90%E9%AB%98%E7%94%9F/id1086964574?mt=8

Androidの方https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.usaya.radish

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

HN:さぬき うどん県在住。11月6日生まれ。AB型。さそり座。辛党のビール派。三十路のおっさんです。 約4年前から「さぬきうどん」「さぬきのぴっぴ」のハンドルネームで活動してきました。 趣味は音楽、将棋、オカルト、お笑い、2ちゃんねる。 1人でいる時間が好きです。1人でいる時間が好きな人も好きです。1人でいる時間が好きな人が好きな人も好きです。→詳細はこちら