「世の中にはいろんな人がいるなぁ」ということをクリスマスイブに一人で考えていました。

お疲れ様です、さぬきです。

世の中にはいろんな人がいるんだなとつくづく思います。

でも、まぁそりゃそうかと。

生まれ育った環境も一人一人違います。

これまで目にしてきたもの、耳にしたもの、食べてきたもの、触ったもの、みんな違うわけです。

好きなもの、嫌いなもの、得意なもの、苦手なもの、みんなそれぞれ違うでしょう。

考え方、感じ方、とらえ方、違って当たり前です。

僕がテスト勉強の合間でシコシコしてた頃、あなたは「坂の上の雲」を読みながら日本の将来に思いを馳せていたかもしれない。

僕がFC2の有料会員になるかどうか夜な夜な悩んでいた時、あなたは誰にも打ち明けられない悩みを抱えて眠れない夜を過ごしていたかもしれない。

みんな違うんです。違って当たり前なんです。

もっと受け入れていきましょうよ。

自分とは違う考えや感覚をまず、否定せずに、目をつぶらずに、オープンリーチで受け入れてやりましょうよ。

そうすることで人はひと皮むけるもんです。

そうすることで新しい自分っていうのは生まれるもんです。

 

で、

 

今夜はクリスマスイブですね。

街は幸せそうなカップルであふれかえっています。

そんな中、駅でひと組の中学生らしきカップルが話をしていました。

僕は「おうおう、若いのぅ」と思いながら、そばで二人の話に聞き耳を立てておりました。

 

——他人の、それもそんな若い男女のクリスマスイブの会話に聞き耳を立てるなんてデリカシーの欠片もないんか!そう思った人もいることでしょう。でも、受け入れてやりましょうよ、僕のこの下劣な人間性を、受け入れてやりましょうよ。

 

どうも女の子のほうがもう家に帰るらしいんです。まだ夕方でした。

彼女の家では、毎年クリスマスは家族と過ごすことになってるらしいんです。

彼女自身も嫌々帰らなきゃいけないという感じではなく、そうすることが普通になってるっぽいんですね。

彼氏のほうもそれをちゃんと受け入れてあげてる感じでした。

 

家族との時間を大切にする彼女。

その価値観を受け入れる彼氏。

素晴らしいじゃないですか。

 

そんな二人がクリスマスにはいつも何を食べてるかみたいな話をしていました。

 

 

彼氏「今晩は家で何食べるん?ケーキとか食べるん?」

 

 

彼女「ううん、ウチはクリスマスはケーキ食べんのよ」

 

 

彼氏「ヘぇ〜、いつも何食べてるん?」

 

 

彼女「ピザとかチキンとか」

 

 

彼氏「おお、洋風〜!

 

 

いや、そこ、「洋風〜!」ってリアクションはおかしいやろ。

もっと他にすべきコメントあったはずやろ。

君の言うてたケーキやって洋風やしね?

「おお、洋風~!」はさすがに受け入れられんわ~。

もしかしてアレかな?彼氏は和洋に関してガラパゴスな感覚を持ってるんかな?

もっと詳しく話を聞きたかったです。

毎年、彼氏が何を食べてるのかもめっちゃ聞きたかったです。

そんでそれをめっちゃ受け入れたかったです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

HN:さぬき うどん県在住。11月6日生まれ。AB型。さそり座。辛党のビール派。三十路のおっさんです。 約4年前から「さぬきうどん」「さぬきのぴっぴ」のハンドルネームで活動してきました。 趣味は音楽、将棋、オカルト、お笑い、2ちゃんねる。 1人でいる時間が好きです。1人でいる時間が好きな人も好きです。1人でいる時間が好きな人が好きな人も好きです。→詳細はこちら